スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相棒 season 10 第11話「名探偵再登場」


前回登場時「名探偵登場」の最後の右京さんのセリフですが、これが社交辞令でなく、実現する日が来ました。


ものの数分で、マーロウ矢木のキャラ紹介を達成した素晴らしいオープニングでした。
もっと取調べしてくださいよ~とせがんだり、ぬけぬけと新しい相棒ですと手を差し出したり。
でも、この人かなりの切れ者なんですよね。

ちなみに、使っていた携帯灰皿がパンダでしたが、暇課長から借りたんでしょうか?


暇課長にまで「また」と言われた神戸くん。その出社時刻10時20分。
まぁ、置いていかれるのも無理は無い。


そりゃ一分の一だからな!それにしても名刺どこから出した?襟?


相棒には珍しく直前の話とのつながりが明確に。
というか芹沢の復帰シーン、右京さんと米沢さんが事件直後を語る回想みたいなシーンなので、1月7日の現場検証時に復帰したようですよね。
撃たれたのが12月31日ですから、左腹部を撃たれて一週間でバリバリっすか!?


あぁ!いちいち面白いなぁ!マーロウ!
和製ローレン・バコールとか、現代っ子には意味不明の例えですけど、どうせハードボイルド映画の女優さんだろう、と思ったら、ハンフリー・ボガードの奥さんでした!君の瞳に乾杯!
ちなみに、リンク先のWikipediaのお写真は表情がアレですけども、マーロウが言っていたのはこっちのブロマイドのことですね。(“酔雲の美人百景”というサイトに飛びます。)
フォーリンラブアゲインあたりで神戸くんの口元がヒクッとなったり、目頭を押さえたり芸が細かい。


ふざけたシーンで紹介されたチャンドラー社のモットーですけど、終盤になって真面目に帰結するあたりやはり侮れない。


生年月日:昭和44年8月17日
職業:探偵事務所 メトロポリタン・リサーチ社 社長
現住所:東京都港区北青山5丁目24番18号北青山パークタワー1608
本籍:東京都板橋区高島台3丁目40番8号
配偶者の有無:なし(栗山佳美と平成23年7月22日に離婚)

死亡推定時刻は平成24年1月6日午後3時から午後5時


飄々としているフリをして抜け目ない。
夜間監視用の双眼鏡と神戸くんをだしにして、デスクを探ります。

実際探りたい、というのもあったとは思いますが、「この時に偶然に福栄さんと樋口の接点を知りましたよ」、っていう神戸くんへのポーズの方が強いような気もします。

この辺り、神戸くんはまだマーロウの風体に騙されてるんだろうなぁ。
視点としては、神戸シーズンからの新しい相棒視聴者さんと同じですね。


・・・のはずなんですが、右京さんとマーロウのお久しぶり的なやりとりは無し。
朝の右京さんと神戸くんの電話でのやりとりからすると、神戸くんの出勤前に会っていたんでしょう。
もしくは、放送されない「杉下右京の日常」的な時に会っていたとしてもおもしろいですね。

そしてなぜかある福栄氏の資料

迷い猫探しも探偵の定番ですが、マーロウはステレオタイプの探偵を隠れ蓑にして、本意を隠してます。
大体、猫探しのついでに調べたにしては調べ過ぎ、…なんですが、やりかねないと思わせるのがマーロウのすごいところでしょうか。
前もハードボイルドには探偵と刑事の協力がつきものとか言っている割りには、実際のマーロウはこっそりと特命係を誘導してましたし。

ギムレット!ギムレット!とだらしなく飲みに行く風を装って、結局連れて行ったのは渦中の人物となる稲尾ちゃんのバーでした。

右京さんは前回でマーロウの手腕を認めているので、ただ飲みに行く訳じゃないと、わかっていたんでしょう。


ノリノリでムギレットを出したり、背丈に合った満たされた人生を送っている人に思えます。
200億円の相続とか、余計な感じすらしますね。

後の参考人聴取の際の「刑事さんだったんだぁ」のくだりも、人柄が良く出ています。


そろそろ動く特命係。マーロウと共謀し、人形の盗聴器を逆手にとって栗山佳美を罠にはめます。

それにしてもチャンドラー探偵社、猫探しの張り紙だらけだな。

マーロウは“エーゲ海”で酔いつぶれていた件について、成熟した男女だからああでもしないとよからぬ・・・といっていましたが、案外酔いつぶれたフリで、様子を探っていたんじゃないかとも思えます。


唐突に福栄氏の寝室に現れびっくりしました。結局は、急ぎ調査結果を報告に来ていたわけですが。

このシーンでわざわざ右京さんからの着信を無視する描写が、後にマーロウが口にする“探偵と刑事の違い”と重なります。
ちなみに右京さんの電話番号、「090-982X-XXXX」。いずれ後ろ半分だけ画面に映る日も来るでしょう。


長いお別れ”より。
このあと、スタンガンで監禁されるわけですが、比較的唐突にちびっ子と一緒に登場します。
かくれんぼしていた、といっていますが、カットされたシーンがありそうです。
おそらく・・・
マーロウ目を覚ます。→鍵か何かで部屋から出られない→ちびっ子にメッセージ「私はお屋敷の中のある部屋に隠れている、さて私を見つけられるかな?ヒントは・・・」→ちびっ子、マーロウをみつける「やっぱりマーロウだったんだね!」
うん、これなら繋がる。


隠しておくべき真実を時には心に秘めておけるのが探偵で、隠して置けないのが刑事。

まぁ、探偵は私情で動くこともありますからねぇ。
探偵と刑事ものでは、しばしばコレが原因で仲違いしたりもしています。

今回隠しておきたかったのは、ちびっ子こと福栄英則くんの出自の秘密。
お父さんが亡くなってから9ヶ月後に生まれた彼が、実は福栄家を絶やさぬために、どこぞの馬の骨と必要に迫られて作った子供だった、と。
当人にしてみればキツイ話ですよね。会ったことがないとはいえお父さんがじつはお父さんじゃない!おじいちゃんも血が繋がっていない!だけでもアレなのに、必要性があって生み出されたというのは、なかなかキツイ。


なにをしていたかと思えば、出自の秘密を事件が明るみに出る前に福栄義英氏に伝え、ちびっ子を養子にするアドバイスをするためでしたか。
最善の策だったと思います。義英氏も相続のためではなく、血縁は無くとも英則君を家族と思っていたからこそできた対応でしょうね。相続第一なら稲尾ちゃんに継がせて、福栄家を存続させればいいわけですし。


なぜか再登場が多い今シーズン。次回は月本幸子が登場です。
なんか公式ツイッターで「リアルタイムで見ろ!」とか「とんでもない展開が!」とか言ってるようですけど、正直、余計なことを・・・としか思えません。無駄にハラハラしますし、自ずとハードルが上がりますよ?
「ライフライン」の時に失敗したじゃないですか。
関連記事
[ 2012/01/17 00:38 ] 相棒season10 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://r3luckyfield.blog98.fc2.com/tb.php/265-c9a18495






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。